2018年7月6日(金)~7月10日(火)

《!!佐藤佐吉賞2018・優秀宣伝美術賞受賞!!》

祝盃公演『馘切姫-クビキリヒメ-』

脚本・演出:飯塚未生

劇場:花まる学習会王子小劇場

stage_74131.png
stage_reverse_74131.png

【出演】

片山歩美、舟山夏妃、木内海美、池上明杜、来栖梨紗、谷尻まりあ、かまくらあや、石黒乃莉子

工藤美輝、三森あかね、村田諒人、結崎あゆ花、鈴乃月葉、末永全、鈴木千畝、浅葉爽香

タモリノゾミ、小林桜子、稲村友紀、harry、真辺彩加、高木碧

​【あらすじ】

王都、東の地の果てに在り。 青き嶺連なる山裾、乳の流るる大河のほとり。四季を通じて黄金の花実が狂い咲く。
馘切姫(クビキリヒメ)と密かに呼ばれる、君主たるうら若き女帝には呪いめいた噂が囁かれていた。
彼女の元に嫁いだ花婿は、夜明けの鐘を待たず、悉く初夜の床で死ぬと云う......首をはねられ、真白な褥を深紅の花弁で濡らして。

今宵もまたひとり、辺境国の皇子が忠実なる従者を引き連れて、馘切姫と契りを結ばんと入洛する。
彼......彼女は皇子の身なりこそしていたが、「女」として生まれ落ちるも自国の唯一の跡取りであった為、嫡「男」として育てられたという数奇な宿命を背負った者だった。
皇子の不思議な魅力に惹かれた姫は、ある密命を与える。
「夜毎、夢枕に世にも美しい悪魔が立つのです。彼奴の首を獲ってきて下さいまし」

馘切姫は天女かはたまた狂女か。その胎内が孕むは生か死か。この世は地獄か極楽か。
めくらの法師は唄う。退魔と愛憎の伽歌を。

サロメ・トゥーランドット・夜長姫・ユディト......「首」に運命を狂わされた女たちへ捧ぐ賛歌!
ヅカ★ガールが渾身の熱情を込めてお届けする、妖艶・絢爛・傾国ロマネスク!

【脚本・演出】飯塚未生
【舞台監督】鳥巣真理子
【舞台美術】新海雄大
【照明】鈴木麻友
【音響】Takashi Watanabe
【音楽】かねこしょういち
【劇伴】剤電-Zie-
【美術監督】羊石 
【美術補佐】ことうじゅん・甘日千歳
【衣装製作】穂坂友美 
【振付】片山歩美
【振付補佐】池上明杜・鈴木千畝
【殺陣振付】井下康平
【稽古場助手】空風ナギ
【宣伝美術】Erina 
【スチール撮影】フクサコアヤコ 
【制作】可徳梨沙
【企画・製作】ヅカ★ガール
【協力】劇団なんかやるよ/三文姉妹/少女人形舞台/ステージ・ボンド/ヤザ・パパ/DIFFERENCE/花まる学習会王子小劇場/物語研究所/World of Mouth/LIVEDOG株式会社/Advance Stage/Some'Revo!!!/夢散素