​2017年 7月5日(水)~ 7月9日(日)

《!!東京バビロン演劇祭2017・オーディエンス賞受賞!!》

 流天公演『ハイヌウェレの骸』

劇場:シアター・バビロンの流れのほとりにて

脚本・演出:飯塚未生

【骨・鱗共通キャスト】

浅葉爽香

池上明杜

石黒徳子

奥田街葉

片山歩美

金子彩奈

末永全

舟山夏妃(DIFFERENCE)

三葉彩夏(LEOPARD STEEL)

結崎あゆ花(ヤザ・パパ)

【ダブルキャスト骨チーム】

かまくらあや

来栖梨紗

鈴木千畝 (ステージ・ボンド)

【ダブルキャスト鱗チーム】

太田ナツキ

花衣未菜

藤波想平

【チケット料金】
一般券:3000 円
学生券:2700 円(高校生以下:1500 円) 
貴族券(流天公演★オフィシャルフォトブック&非売品缶バッジ+貴族クッション付指定席券):3600 円
《☆前売り振込みのみ・6/20 23時まで限定販売!》

※当日券は+500 円
※学生券は予約限定販売

 

◇web
Twitter》@ZukaGirl
CoRich!舞台芸術》http://stage.corich.jp/stage_main/67955

◇お問い合わせ
zukagirl.info@gmail.com
090-2395-2924(可徳)

【タイムテーブル】
7/5~7/9
5日(水) 19:00◇
6日(木) 19:00◆
7日(金) 14:00◇/19:00◆
8日(土) 14:00◆/19:00◇
9日(日) 12:00◇/16:30◆
骨チーム=◇ 鱗チーム=◆

【あらすじ】
夜叉

「お池の銀の水鏡、わたしの涙を数えておくれ
 白粉ぬって 紅ひいて 仕上げに鈴の髪飾り
 お池にかかるお月様、わたしの姿を憶えておいで 
 金粉はたいて 花抱いて 世にも美事な死装束
 あゝ今宵、少女は神と契ります」 

 

―――神代の昔。
彼の地では、大いなる旱魃に見舞われし折、湖底の龍神の元に 若い娘をひとり嫁がせることで、豊穣の雨を呼ぶことができると云う伝説があった...... 

幾年の後、人身御供の慣習は廃れた近現代。厳しい旱天が続く初夏の候。 
龍神信仰が民草の中に息づく山深い集落では、嘗て贄になった娘たちの霊魂を鎮める祭が行われていた。灯籠の火に吸い寄せられるように、流離人や怪しげな旅芸人の一行らが郷に流れ着く。
祭祀を取り仕切る弥剣ヶ峰一族は、古より湖沼の神に仕え、不可思議な神通力と類稀な統率力で集落の長を引き継ぐ血筋の者たちである。
重い病に冒された現・女当主は、次期当主の座を狙う争いが水面下で熾烈を極める中、とある禁忌に手を伸ばす。

―――湖に棲まう大蛇"夜叉姫"の肉を喰らわば、不老長寿の肉体を手にするであろう。 

 

流離人や謎めいた仮面職人の姉妹たちの命運を巻き添えに、
不老長寿の妙薬を巡って、神殺しの耽美活劇が幕を開ける!

泉鏡花「夜叉が池」/上田秋成「雨月物語」等を下敷きに、民話と伝承と伝説が絡み合い生れ落ちた新たな神話体験。 

この夏、ヅカ★ガールがご案内する怪奇幻想異界紀行!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


【スタッフ】
脚本・演出:飯塚未生
演出助手:石黒徳子
舞台監督:鳥巣真理子
美術監督:羊石
舞監補佐・装置:新海雄大
照明:室岡律子(みち草るーてぃん)
照明操作:伊與田成美(the pillow talk)
音響:Takashi Watanabe(Word of Mouth) 
音楽:かねこしょういち
振付:片山歩美
振付補佐:池上明杜・鈴木千畝(ステージ・ボンド)
衣装製作:穂坂友美
美術補佐:ことうじゅん(ヅカ★ガール)
宣伝美術:Erina
スチール撮影:フクサコアヤコ
制作:可徳梨沙
広報・制作補佐:片山歩美/甘日千歳(ヅカ★ガール)
企画・製作:ヅカ★ガール
協力:(株)フラッシュアップ/三文姉妹/ステージ・ボンド/東京バビロン/みち草るーてぃん/ヤザ・パパ/DIFFERENCE/krei inc./LEOPARD STEEL/the pillow talk/World of Mouth